我が家の王子!?ひでろう物語

ジャック・ラッセル・テリアのひでろうです。王子目指して頑張ります。

01月« 2017年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » CATEGORY … 地震

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだそこにある現実

この度お会いした蜜柑とーちゃんさんは被災ワンコの保護をするボランティアのお手伝いをしていらっしゃいます。
そのボランティア先であるDOGWOODさんは元々カフェやドッグラン、ブリーダーさんをしていらっしゃったそうです。

しかしあの大震災が起きた日。

皆様もご存知のとうり、ようやくたどり着いた避難所には「ペットは入れません」という張り紙。
雪が降る中、何もかも流された家で主人の帰りを待つ犬や猫。
原発の避難区域からバスで避難しようとすると「ペットは一緒に連れて行けない」と言われる。
放浪する動物達。

3月の東北。
それは家族として暮らしてきた動物達を「凍死させてください。餓死させてください。」と言うこと。

避難所の外で犬と車中生活をしていた人が配給を受けようとすると
「犬にやるなら渡せない」と言われることもあったそうです。

犬や猫だけじゃありません。
馬、牛をはじめとするいわゆる家畜動物。
小さな生き物も大きな生き物も。
目の前で衰弱していく。

2011-07-31 049
そんな事実がDOGWOODさんが作ったこの本に載っていました。

DOGWOODさんはボランティア団体ではありません。
しかしスタッフさんの無事を確認したあと、すぐ被災地を廻ったそうです。
そして被害の無かった自身の敷地を動物達のシェルターとして開放することを決めました。
当初50頭程度の予定だったシェルターは沢山の要望と、
未避妊未去勢動物の出産ラッシュなどの問題も重なって400頭を超えるそうです。
それを全国からの協力があってなんとか賄っているらしいのです。



そんな蜜柑とーちゃんさんが話す事実。


「まだ泥と瓦礫の中なんとか生活している人がいる。放浪している動物達がいる」


テレビが映すように今ある問題は「原発」だけでしょうか?本当に???



2011-07-31 050
まだ、過去なんかではないのです。

メディアが映す「復興」はまだ一部の地域の話だということ。
凍える寒さから、今は茹で上がってしまうような暑さの中、避難所生活を続けている人が大半だということ。
「何が足りない?」という質問に「下着と作業着」なんて最低限のことがまだ足りていない所もあるのです。


蜜柑とーちゃんさんももちろん震災の被害を受けた人です。
それでも自身の仕事の合間をぬって、沢山の動物と飼い主さんのためにとボランティアを買って出ました。



2011-07-31 173
蜜柑とーちゃんさんがこうして心置きなく蜜柑ちゃんを撮れるのも4ヶ月たってようやくできたことなのかもしれません。


それは現在進行形の事実です。


そして東日本大震災の最大余震はまだ起こっていないらしいのです。
一ヶ月周期で大きな余震があります。
その周期でこれから本震に近い大きな地震が起こる可能性がまだまだあるのです。
万が一の避難準備、出来てますか?
(恥ずかしながら我が家はひでろうのクレートくらいです。
きっとパニックになってひでろうを連れ出すのが精一杯かと…)


そして遠い地から出来る一番の事、義援金と支援金がありますが
詐欺なんかも横行しましたから
・代表者氏名
・代表者連絡先
・具体的な活動内容、その結果
これくらいは確認できて自分が信用できる所に送ったほうが無難かもしれません。
(悲しい話ですが)
DOGWOODさんでも募集しています。
よろしければブログを見て確認してみてくださいね。



少しでもゆっくりでも。
長く続けていきたいと思います。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
まだ必要としている手があります。


スポンサーサイト

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

地震情報。助かるために。

時間ごとにその被害が明らかになってきています。
でもまだ助けを待っている友人が居るはずです。
諦めないで、何が出来るか。
関西方のブログから転載させていただきます。



※地震情報
(コピペで広めてください、マイミク、読者の多い方転送してください とのことです。)
----------------------------------------------------------
*お願い*
・電話の使用は極力避けましょう。 緊急の連絡(119,110)で必要としています。
・安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ ネットや Skype、アイフォンならばviberを
使いましょう。 (Skype < viberです。 ツイッターかなり強力です。)
・節電に協力して下さい!!
節約した電気が、病院に使われ、傷付いた一人の命を救います!!
予測だそうですが、完全復旧送電には最低一週間とのことです。(個人意見になるそうですが、ご参考)
----------------------------------------------------------
*GPS*
建物に閉じ込められてる方、 スマートフォンを持ってる方はGPSをオンにしてください!
【TwitterSOSタグ】 GPS機能もつけてつぶやくこと。
#j_j_helpmeその他ハッシュタグ⇒ #prayforjapan (応援) #earthquake (地震) #eqjp  (地震) #jishin (地震) #j_j_helpme (救助要請) #hinan (避難) #anpi (安否確認) #daijyoubu (安否確認)
携帯でGPS機能が付いてる方も!助かる確率が上がります。希望を持って!!
----------------------------------------------------------


地震・津波被害に関する最新情報はこちら     
【全国非難場所一覧】
http://animal-navi.com/navi/map/map.html
東北地方太平洋沖地震 関連リンク集 TVネット配信(アカウント不要):
NHK総合(ニコニコ生放送)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv43018790
フジテレビ(ニコニコ生放送) http://live.nicovideo.jp/watch/lv43019860
NHK総合(Ustream) http://www.ustream.tv/channel/nhk-gtv
TBS(Ustream) http://www.ustream.tv/channel/tbstv
災害伝言板: DoCoMo  http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
au    http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do
SoftBank http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
WILLCOM http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/
e-mobile http://dengon.emnet.ne.jp/
NTT-Web171 https://www.web171.jp/
Google Person Finder 2011 http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
避難所: 全国避難所マップ http://animal-navi.com/navi/map/map.html
23区避難場所 http://cgi.mobile.metro.tokyo.jp/aps/tosei/bousai/hinan.html
宮城県避難場所 http://www.pref.miyagi.jp/kikitaisaku/wagayade/hinan_bash
福島県避難場所 http://www.bousai.ne.jp/vis/jichitai/fukushima/refuge_fra
岩手県避難場所 http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?of=1&ik=0&cd=28306
東京都内避難所一覧(Googleマップ) http://bit.ly/g5l5PO
各種情報: 津波警報・注意報(気象庁) http://www.jma.go.jp/jp/tsunami/
全国鉄道運行情報(NAVITIME) http://www.navitime.co.jp/train/
道路交通情報(国土交通省) http://www.mlit.go.jp/road/roadinfo/
メディア: 産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/
読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/
朝日新聞 http://www.asahi.com/
毎日新聞 http://mainichi.jp/
日経新聞 http://www.nikkei.com/
Tips: ケガ・キズの手当て応急処置 http://www.jon.gr.jp/qq/first_aid/index.html
緊急時用の水の確保方法 http://r.nanapi.jp/392/
災害伝言ダイヤル「171」の使い方 http://r.nanapi.jp/5941/
Twitterで信用できるアカウント: NHK広報局(@NHK_PR) http://twitter.com/nhk_PR
NHKニュース(@nhk_news) http://twitter.com/nhk_news
総務省消防庁(@FDMA_JAPAN) http://twitter.com/FDMA_JAPAN
【地震に遭遇したときの対応マニュアル】 http://matome.naver.jp/odai/2129850837113580401
【NHK各放送局災害情報】 各地域の災害情報確認のときに。
http://www3.nhk.or.jp/saigai/jishin/index.html

【持ち物】
□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰・お菓子等) □携帯電話と非常用充電器 □ティッシュ □タオル(5枚くらい)
□懐中電灯
□カイロ
□サランラップ
□毛布
□家族の写真(はぐれた時の確認用)
□ホイッスル(生存率が格段に上がる)
□メガネ
□いつもの薬
(履物もあったほうが良いかも…。万が一のスリッパが役に立つこともあるそうです)


【緊急行動パターン】
・窓・ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
・浴槽に水をためる
・米を炊く
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす 
・24時間は地震が続くだろう
・とりあえず落ち着く
・災害用伝言ダイヤル171の利用(避難場所も伝える)
・電話は最低限
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意

【避難時の注意】
・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかない
・ガラスや塀に注意 ・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり、即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い、海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける
・マスクや濡タオルを装備する
・火災時は風上へ
・車は走るのをやめて路肩に寄せて停まれ

【地震が起こる前なら】
□ヘルメットはあるか
□非常食の蓄えはあるか
□水の蓄えはあるか
□応急処置セットはあるか
□寝袋はあるか
□非難所・非難所までのルート

【NTT公式情報】
公衆電話は災害時には優先的につながります。
災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。
ただし国際電話は使えません。
●無料公衆電話のかけ方。
・緑色のアナログ公衆電話 緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
通話が終わると10円玉は戻ります。
・デジタル公衆電話 テレホンカードや10円玉を使わず、 受話器を取るだけで通話できるようになります。

【災害用伝言ダイヤル】
◆被災者の方 1.伝言ダイヤル「171」を押す。 2.「1」を押す 3.自宅の電話番号を押す。 4.伝言を録音する。
◆安否を確認したい方 1.伝言ダイヤル「171」を押す。 2.「2」を押す 3.安否を確認したい方の電話番号を
押す。 4.録音された伝言を再生する。

【Google Person Finder】
Google安否確認サイト
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja http://goo.gl/rlR07
【災害用伝言掲示板】
au
http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do
docomo
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
softbank http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
ウィルコム http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/

【TwitterSOSタグ】 GPS機能もつけてつぶやくこと。
#j_j_helpmeその他ハッシュタグ⇒ #prayforjapan (応援) #earthquake (地震) #eqjp  (地震) #jishin (地震) #j_j_helpme (救助要請) #hinan (避難) #anpi (安否確認) #daijyoubu (安否確認)


【救急処置】 意識がなく倒れている人がいたら  仰向けにし顎を上げて気道確保
呼吸・脈拍があるか確認  確認されなければゆっくり二回肺が膨らむのを確認しながら人工呼吸
※この時あごをあげ気道確保→人工呼吸後心臓マッサージ ※AEDがあればAEDをすぐに使用すること

【骨折かどうか】  腫れている  変形している  自分で動かせない、または微動でも激しい痛みがある
変色している

【骨折処置】  用意:タオル、副木(硬い棒・板状のもの)、縛るもの  目的:固定し、
骨折箇所の負担を減らす  方法:骨折場所を中心に、タオルでくるんだ副木を縛りつける

【物に挟まれたときの処置】 体の一部を長時間強く挟まれた状態の被災者の方は、 無闇に救助したりせず
に救急車を呼んで下さい。 クラッシュシンドロームに陥り、最悪の場合死に至る恐れがあります。
逆に、挟まれてすぐなら躊躇なく助けてください。 【簡易トイレの作り方】 便器の中にビニール袋を二重に
入れ、口の部分の一部を管などに括る。 ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、
スプレーする。 必要に応じてビニール袋を替える。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



なんとか乗り切れるよう遠くからも
協力しよう!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。