我が家の王子!?ひでろう物語

ジャック・ラッセル・テリアのひでろうです。王子目指して頑張ります。

02月« 2011年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2011年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が出来るだろう。

未曾有の大震災から10日。
幸いながらぼくの住む北国は大した被害もありませんでした。
しかしテレビから流れるニュースは現実とは思えない凄惨なものばかりです。


こんな時、どうしたらいいだろう。
こんな時、何が出来るだろう。


ままはもやもやした気持ちのままでいました。
何をすればいいんだろうって。


そしてまずしたこと。
それは会社に行くことでした。


DSCF7130.jpg
ぼくはお留守番ですよ。


ままにとって会社は「お金を稼ぎに行くところ」であって、
やりがいや生きがいを感じる場所ではありません。
不満もたらたら。毎日辞めてやる!とか思っていました。
(くそ真面目な性格なのでサボったりはしませんが)


でも、まず働こうと。


DSCF7133.jpg
ぼくのお散歩も前と変らずですよ。


それは震災以前と変らない行動でした。
会社に行って、必要な分だけ食料を買い足して、ぼくと散歩に行って風呂入って寝る。


そして少しづつ、募金をしようと。


きちんとそのお金が被災地の復興に役立てるような内容で、
被災した方の仕事になってくれるところに募金をしたいと思いました。


ままに出来ることはそれしかないのです。
ままにはボランティアの知識もありません。
情報は交錯しています。何が正しいのかままにはもう解りません。


がんばれなんて言えないのです。だって被災地に居る方はずっとがんばってます。
がんばんなきゃいけないのは現場に居ない私達でしょう。


がんばって、止めないこと。


きっと復興には何年も掛かるでしょう。
今は沢山募金が集まります。
でも5年後は?10年後、被災した方が仕事に戻れているでしょうか。

そのために社会の流れを止めない。働くことはその一部であると思いました。

それしか出来ないというのが現実でしょう。でも、それは出来ることなんでしょう。



世界中が感嘆したのは日本国民一人ひとりのモラルと意識の高さです。

IMG_7038.jpg
その真価をぼくに見せてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。