我が家の王子!?ひでろう物語

ジャック・ラッセル・テリアのひでろうです。王子目指して頑張ります。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 里帰りBLOGTOP » ひでろう » TITLE … 里帰り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里帰り

三日、ぱぱの法事が終わった後。
ぼくの生まれ故郷に里帰りしました。



そこにはぼくの本当のお母さんとお父さん。兄弟たちがいるのです。


2010-05-0 515
安全運転でお願いしますよ、まま。






実は朝のお散歩で、ぼくの繊細な肉球から血が出ていたのですがそこはジャックですから。
2010-05-0 509
ぼくは行けますよ!





そうしてついた懐かしい懐かしいぼくの故郷。


ぼくの兄弟たち。
2010-05-0 500
ひでじろうです!
もしもしです!
(左がもしもしちゃん。右がひでじろうくんです。)



久しぶりに会ったぼくの兄弟たちは
2010-05-0 009

仲良く

2010-05-0 020
ぼくを倒しにかかりました。




とくに小さな頃からお転婆だったもしもしは


2010-05-0 208


相変わらずお転婆で。


2010-05-0 210
相変わらずおちびね!
もしもし!ぼくはおうじになったんです!しつれーですよ!





100戦全敗。
(それくらいガウってました)





その後本当のお母さんのらくがんお母さんの登場。
2010-05-0 065




兄弟全員一喝。


2010-05-0 079
あんた達うるさいわよ!
(ひでろう逃げ遅れてます)


ずっとおもちゃで遊んでました。


ひでじろうも
2010-05-0 359
かしてください。

もしもしも
2010-05-0 358
ちょっとだけ!

もちろんぼくも
2010-05-0 383
ぼくもそれで遊びたいです。


一睨みで一蹴されました。
(さすがです)

2010-05-0 357
お前達にはまだ早い!






最初はびっくりして固まっていたぼくも、段々慣れて来てもしもしと対等に(?)ガウるように。

2010-05-0 488-1
(後ろからひでじろうくんが狙ってますよ)



とっても楽しい一日でした。

2010-05-0 367

2010-05-0 327




最後に故郷での人間のお母さんが
「じゃ、たまにもしもしを貸し出しますよ!」と言ってくれました。

2010-05-0 135-1
ムリです。


ぼくがもっと強くなってからお願いします。




にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

毎日大人ジャックと遊んでいる兄弟とでは差が出てしまいましたね。
ランキングバナークリックお願いします!








ちなみにここからままの独り言。
お写真もないのです。
しかもながーーーーーーいのです。
見なくてもいいのです。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

ままの独り言です。


ひでろう君はこのブリーダーさんで愛情持って育てられました。
お父様が特に可愛がってくれていたみたいです。
ここのジャックたちは皆そうなのですが、とにかく犬が好き!人間が好き!
ひでろうもいつもさらわれるんじゃないかと言うくらい人間好きですが
(触られるのと抱っこは嫌いですが・・・)
それはここでの教育があってのことなんだろうと思います。





ここでひでろうを譲り受けてから
ペットショップで生後一ヶ月も経たない子犬の販売を見ると
可愛いと思う反面、涙が出そうになります。

いろんな意見があると思います。

ペットショップ以外で動物を飼う事を知らない方もいます。
(私もそうでした。)
ショップでももちろん母犬並みの愛情を注ぐ所もあるでしょう。
もちろんここのブリーダーさんもただのボランティアでジャックを繁殖させているわけではないと思います。
(と、いうか。純血種を無償で譲り受けさせるほうが不安です)
悪徳ブリーダーなんて言われている人も多くいます。
何も知らずに個人繁殖させてしまう方もいるでしょう。
覚悟をもって自分の愛犬の子孫を残したいと考えている方も。



犬を飼う。飼っていく。育てる。
そこに正解は無いと思います。
選択肢は人間にあって、いつも犬たちにはありません。
ですが何が悪いかなんて考えていけばもちろんきりがなく、
相手を簡単に責めることも私は出来ないと思うのです。





少なくとも。
ここで育ったひでろう君は愛情のある場所から私たちの所に来ました。
その愛情を切らさずひでろう君に注ぐのが飼い主の役割かな、と思います。
倍いけるなら倍注ぎます。
うちの王子は多少おバカですが、かわいいかわいい一人息子です。
(私もおバカです)







ま、悪戯したらがっっっっちり叱りますよ。
そこは人も犬も変わらないのです。
(ぱぱは他人様の子供でも叱るときは叱ります)
スポンサーサイト

テーマ:ジャックラッセルテリア - ジャンル:ペット

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。